自由が丘MCクリニック
main_title
豊胸方法
脂肪細胞由来幹細胞組織による豊胸術とは…
皮下脂肪組織に豊富に含まれ、自己複製能力、多分化能をもつ脂肪組織由来幹細胞を移植する豊胸術です。
患者様が不要だと思っておられる箇所から脂肪を吸引し、それを先進医療機器であるCelutionR800/CRS Systemを用いて、脂肪の洗浄と幹細胞の抽出を行います。
そして、抽出した幹細胞と洗浄した脂肪組織を混合したグラフトを、バストに注入します。
sec1_image
自己脂肪注入法とは違うの?
自己脂肪細胞注入法は、脂肪細胞のみの移植であり、生着率が低く、注入した脂肪の半分以上は自然吸収され、また生着しなかった細胞は石灰化してシコリとなることがあります。 つまり、ボリューム面でも、安全面でも施術の効果が得られない可能性があるのです。

幹細胞をどのように取り出すの?
CelutionR800/CRS Systemを用いて行います。従来マニュアル作業で5〜6時間かけて行われていた幹細胞の抽出が、通常のオペ室で2時間程度でこの作業を行えるようになりました。この結果、日帰り手術が可能となりました。
sec2_image
本物の感触、本物の美乳
再生医療技術を利用し、処理された組織は、施術後、脂肪組織に分化したり、血管細胞に分化し、高い正着率でバストにとどまります。
メリット・デメリット
メリット
・安全性が高い

デメリット
・値段が高い
・術例が少ない
・施術を受けることが出来る病院が限られている

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 豊胸とは
 豊胸術の流れ
 豊胸術種類
 豊胸術比較
 豊胸以外の胸の悩み
 料金表
 施術例
 シリコンバックの合併症
 医院紹介
 アクセス

自由が丘MCクリニック
携帯アクセス解析
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。